びまん性脱毛症とAGAによる薄毛、抜け毛の違い

MENU

びまん性脱毛症とAGAによる薄毛、抜け毛の違い

 

薄毛治療の分野では多くの用語が用いられますが、薄毛の種類にも色々な種類があるので「〇〇脱毛症」などの呼び名も複数あります。

 

その中でもAGAは男性型脱毛症として有名ですが、もう一つよく聞くワードに「びまん性脱毛症」というものもあります。

 

今回はこの二つの違いについて解説します。

 

 

びまん性脱毛症とは

 

「びまん性」とは広範囲に広がっているという意味がある言葉です。

 

各方面の医療用語にもでてくるものですが、脱毛症の分野では頭髪全体で薄毛症状がみられる形態のものをいいます。

 

これは薄毛の原因物質などを指していうものではなく、薄毛の態様を現す言葉です。

 

従って原因がホルモンであれ血行不良であれ、栄養不足であれ頭皮環境の悪化であれ、頭髪全体に薄毛が見られるものは全て総称して「びまん性脱毛症」ということになります。

 

現実の場面では女性の薄毛がびまん性の薄毛症状を呈することが多いのですが、女性のびまん性脱毛症も実は加齢により体内で男性ホルモンの影響が増すことが大きな要因となっています。

 

女性に起こるホルモン由来の薄毛もびまん性症状となり、これを「FAGA(女性男性型脱毛症)」といいます。

 

FAGAもびまん性脱毛症の一種ですから両者がイコールとして使われることがありますが、びまん性脱毛症は上の通りホルモン以外の原因でも起こり得るので厳密には同一なわけではありません。

 

これを踏まえて次の項でAGAとの違いを見てみましょう。

 

AGAとは何が違うのか?

 

AGAは男性の薄毛の一種ですが、頭髪全体ではなく、生え際や頭頂部など限局した箇所で発症するのでびまん性脱毛症とは呼べません。

 

ただし、男性でもびまん性脱毛症は起こり得ます。

 

例えば生活習慣の不摂生や血行不良などによって、頭皮全体でびまん性脱毛症を起こすことがあります。

 

女性の場合も同様に生活習慣などからくるケースもありますし、上で述べたように加齢に伴うホルモンバランスの変化からびまん性脱毛につながることもあります。

 

その場合は特に「FAGA」という名称が使用されますが、女性の場合は他にも出産後やピルの服用を止めた時などに一過性の抜け毛の増加が見られるケースもあり、これらも多くがびまん性の脱毛症状を呈します。

 

まとめ

 

今回見てきた「びまん性脱毛症」というのは薄毛の原因物質ではなく、薄毛の態様(見た目)に着目して使われる呼称でした。

 

女性の薄毛の多くがびまん性を呈すため女性だけの薄毛と勘違いしやすいですが、男性にも起こり得るものです。

 

ただし男性のAGAは発症箇所が生え際や頭頂部などに限局するため、びまん性脱毛症とは呼びません。

 

「びまん性」は発症箇所が限局せず、頭全体に広がっていることを意味する言葉だからです。

沖縄のAGA治療の病院

↑専門医療機関の無料カウンセリングをご利用ください。↑