10代や20代でAGAが発症することはあるの?

MENU

10代や20代でAGAが発症することはあるの?

 

抜け毛や薄毛の問題、特にAGAについてはできる限り早く対処した方が良いと言われています。

 

薄毛治療を行っている専門クリニックでも、早期に治療を開始した方が改善結果が断然よいことが実証されていますね。

 

ごく早期であれば育毛剤やサプリメントなどで自己対処も可能ですから、薄毛の兆候は早期に掴んで対処したいものです。

 

では早いほど良いということで、10代や20代で抜け毛が気になったらAGAを疑うべきでしょうか?

 

今回はこの点について考えてみましょう。

 

AGAの原因物質が増える時期は?

 

AGAは体内でジヒドロテストステロン(DHT)という物質が増えることで発症するのですが、理論上、DHTが増え始めるのは思春期以降とされています。

 

思春期と言えば高校生あたりをイメージしますが、早い人では10代後半あたりからDHTが増え始める人もいます。

 

ただ個人差はありますが、10代の方で目立ったAGA症状を呈するケースはほとんどありません。

 

これは、DHTが生成され始めたとしてもまだ薄毛を引き起こすほどの量ではないからと考えられます。

 

一方で、20代前半の方ではAGA症状として治療対象に入ってくる方も若干います。

 

20代後半あたりからはAGA特有の生え際や頭頂部などが気になるという方はもっと増えてきます。

 

治療はどうなる?

 

仮に10代の方が抜け毛の増加や薄毛を訴えてきた場合、医師の裁量にはなりますが、それがAGAによるものかもしれないと思っても積極的な投薬治療などは行わないこともあります。

 

これは若年者への薬の使用について若干危険性も考えられることや、まだ体内のホルモンバランスが不安定であることなどを考慮してのことです。

 

自毛植毛治療についても、まだヘアラインが確定せず流動性がある若年者には実施しないことが多いです。

 

症状の程度にもよりますが、10代の方は抜け毛の増加程度であれば取りあえず育毛剤などの自己対処で様子を見ても良いのではないでしょうか。

 

一方20代に入ると治療薬の使用についてもまず安全性は担保されていますから、医師の所見でAGA症状がある場合は積極的な投薬治療なり植毛治療なりが実施されます。

 

まとめ

 

今回は10代20代の若年世代の方にAGAは発症することがあるのか考えてみました。

 

理論上は10代後半あたりになればDHTが増え始める時期にあたるのでAGAを発症するケースもあるでしょう。

 

ただ薄毛というレベルになるまでには至らないことがほとんどですし、医療機関でもまだ積極的な治療をしないことが多いです。

 

20代ではAGAを発症することが十分に考えられ、また症状としても薄毛を認識できるレベルになることもありますから、その場合は医療機関でも積極的な治療が行われることになります。

沖縄のAGA治療の病院

↑専門医療機関の無料カウンセリングをご利用ください。↑