AGAクリニックと皮膚科の違いは?費用や治療内容について

MENU

AGAクリニックと皮膚科の違いは?費用や治療内容について

従来は治療や改善が難しいとされていた男性型脱毛症AGAも、今では病院で治療を受けて効果的に改善できる時代になりました。

 

特効薬も開発されており早期に治療を開始すれば劇的ともいえる毛量回復が望めるので、少しでも悩んでいる方は是非治療を受けて頂きたいと思います。

 

ではその治療をどこで受けるかということですが、選択肢としては身近な皮膚科もありますし、都市部の駅前などにはAGA・薄毛専門のクリニックもあります。

 

この二つには費用や治療内容に違いがあるのでしょうか。

 

今回はAGA治療におけるAGA・薄毛専門クリニック一般皮膚科違いについて解説します。

 

AGA治療で健康保険が適用されない点は同じ

 

現在のところAGAは健康保険の適用外になっているので、どちらの医療機関で治療を受けても自費診療となります。

 

一般の皮膚科は医療機関としては保険診療の許可を取っていますが、AGAの症状は保険を適用することについて国に認められていないため、風邪などの疾患と違って保険を使うことはできません。

 

ただし皮膚病などを起因とした薄毛であれば保険を使うことができます。

 

AGAクリニックはそもそも医療機関として保険診療を行うことについて行政の許可を取っていません。

 

従ってAGAはもちろん皮膚病などを起因とした薄毛でも保険を使うことができません。

 

このようにAGA治療で保険が使えない点では同じですが、一方で受けられる治療の内容には両者に大きな違いが生まれます。次の項から見ていきましょう。

 

AGAクリニックの治療内容

 

AGAクリニックでは大きく分けて以下の3種類の治療を受けることができます。

 

投薬治療

AGAの原因である体内のホルモンを抑制するフィナステリド製剤と、頭皮の血流を増進し毛根を強力に活性化するミノキシジル製剤を主軸にし、内服剤、外用剤などのタイプを組み合わせて最大の効果がでるように配慮されます。

 

他にもビタミンやミネラル、アミノ酸などの発毛補助成分の処方も行われます。

 

先端治療

育毛メソセラピーと呼ばれる手法で専用の治療薬を直接頭皮に注入して行われる治療法です。

 

投薬治療の効果をさらに高めたり、持病などで一部の治療薬が使えない時の代替療法として検討されます。

 

自毛植毛治療

外科的に自分の毛根を必要箇所に移植する治療法です。

 

後頭部などAGAの原因ホルモンの影響を受けない箇所からドナーを調達し移植します。

 

外科手術ですので技術を持った医師が在籍するクリニックでしか受けることができません。

 

 

一般皮膚科の治療内容

 

一般の皮膚科ではそもそもAGAを治療の対象に扱わないところもあります。

 

受けられたとしても、ほとんどの医師がAGAについてあまり興味がないため海外の新しい知見を積極的に取り入れることもなく、AGAクリニックのような積極的な治療を受けることはできません。

 

薬の処方を受けられる場合でも、せいぜいフィナステリド製剤の処方に止まります。

 

当該薬はAGAの進行を止め、ある程度の毛量を回復することができますが、中等度以上に進行したAGAの場合は毛量の回復に限界が出てきます。

 

また外科処置となる植毛治療は受けることができません。

 

一般の皮膚科で受けられるのはあくまでプロペシアの処方のみ

 

一般の皮膚科ではプロペシア(フィナステリド)の処方は行いますが、それ以上の治療は望めません。

 

「皮膚科」という本業があるので、薄毛治療については優先順位がとても低いため、治療の内容や品質もそれに伴うものになってしまいます。

 

まとめ

 

AGAの専門クリニックと一般皮膚科では保険診療ができない点は同じですが、治療内容としては専門クリニックの方が断然効果的な治療を受けることができます。

 

どうせ保険が使えないのであれば、海外の先端知識を積極的に取り入れ日々治療を行っている専門クリニックの方がより効果的な治療を受けられる分有利と言えるのではないでしょうか。

 

ただし一般皮膚科と違って駅前など一部エリアにしか開院していないため、通院の面では不利なところもあります。

 

地理的に不便が無くこの点がクリアされるのであれば、AGA治療では専門クリニックを選択することが勧められます。

 

 

沖縄のAGA治療の病院

↑専門医療機関の無料カウンセリングをご利用ください。↑