AGA治療で使われるミノキシジルの作用について|外用?ミノタブ?

MENU

AGA治療で使われるミノキシジルの作用について|外用?ミノタブ?

AGA治療ではまず主原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制するためにフィナステリド製剤が処方されます。

 

しかしこれだけではAGAの進行を止める効果しかないので、ある程度進行してしまったAGAでは見た目の毛量の回復が難しいこともあります。

 

そのため専門クリニックではフィナステリド製剤に加えて、ミノキシジルという成分を使って攻めの薄毛回復治療を行うのが一般的です。

 

今回はこのミノキシジルがAGA治療でどのように役立っているのか解説します。

 

 

ミノキシジルの作用・効果

 

ミノキシジルに期待される作用・効果はひとえに毛根の力を強力に強める性質にあります。

 

元々高血圧症の治療に使われていた成分で、血管を拡張することによって血圧を下げる薬として使われていました。

 

血管を拡張するということは血液の流れが良くなり血流量が増えるということですが、毛根への血流量も増すため高血圧症の治療を受ける患者で体毛が濃くなる現象が起きたため、これを薄毛治療に転用したのです。

 

血行促進作用をもたらす成分は他にもありますが、それに比してもミノキシジルの血流増進作用は非常に強く、毛根に多くの栄養を届け、その力を活性化します。

 

さらにミノキシジルには、毛根の活動をさらに活発化させる「成長因子」を作り出す作用があります。

 

新しい血管を作り出して毛根への血流量をより増強する「VEGF」や髪の元となる毛母細胞の細部分裂を加速させる「FGF」と呼ばれる成長因子を作り出し、強力に毛根を活性化します。

 

非常に効果が強いものですが、ミノキシジルはAGAの主犯であるDHTの抑制効果は無いので、通常はプロペシアなどと併用する形で使用されます。

 

 

ミノキシジルの処方形態

 

ミノキシジル製剤は血圧や循環器系に影響を及ぼす作用が強いことから、効果や副作用が塗布箇所に限られる外用薬の形で処方する方が安全性は高いのですが、薄毛改善の効果を最大にするために内服剤の形で処方されることもあります。

 

ただし、心臓に持病があったり血圧に異常があるような方は検査の結果処方を断られることもあります。

 

外用剤のタイプのミノキシジルでも、AGAの主原因を抑制するプロペシアなどのフィナステリド製剤を併用すれば非常に良い効果が得られるので安心してください。

 

 

まとめ

 

ミノキシジルは毛根への血流量を大幅に改善し、さらに成長因子の働きで毛根の力を劇的に強める攻めの効果がある治療成分です。

 

外用タイプと内服タイプがあり、患者さんの健康状態に合わせて医師がどちらを処方するか決定します。

 

外用タイプでも強い効果がありますから医師の指示に従って治療を進めてくださいね。

沖縄のAGA治療の病院

↑専門医療機関の無料カウンセリングをご利用ください。↑