AGA治療をはじめてから髪が生えるまで|期間と仕組みについて

MENU

AGA治療をはじめてから髪が生えるまで|期間と仕組みについて

治療改善が難しいとされてきた男性のAGAも、近年の治療薬の開発や技術の進歩により改善が可能になっています。

 

これから治療を受けることを検討している方にとってはどれくらいの期間で治療の効果がでるのか、またどんな仕組みで薄毛が改善されるのかという点は気になるところですね。

 

そこで今回はAGAの標準的な投薬治療の仕組みと、改善までの期間の目安についてお伝えしていきます。

 

AGA治療の仕組み

 

AGAを発症すると、体内では薄毛を引き起こすジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが多く生成されます。

 

元々男性は強い体や生殖機能を発達させるためにテストステロンという男性ホルモンが多く分泌されていますが、加齢などの要因によってこれがDHTに変換されてしまうようになります。

 

ここには5αリダクターゼという体内酵素の一種が関与しているのですが、この酵素の働きを邪魔することによりDHTが生成されないようにするのがAGA治療の核となります。

 

こうすることでDHTの影響を受けなくなった毛根は次第に力を取り戻し、正常なヘアサイクルに基づいて健康な髪を発育させることができるようになります。

 

実際の治療ではこれに加えて、毛根の発毛する力を刺激して攻めの発毛作用をもたらす治療薬や育毛を支援する栄養サプリメントなど複数の治療薬を組み合わせて治療を進めていきます。

 

AGA改善までの期間

 

AGAの改善は風邪や下痢のように短期間でなせるものではなく、少し長めの期間が必要になります。

 

これは髪の毛の発生と成長を司るヘアサイクルが関係しているためです。

 

上記の治療薬の投与を開始すると、AGAの主原因であるDHTの生成が止まり、毛根は次第に正常なヘアサイクルに戻っていきますが、これには大体3か月ほどかかります。

 

そこから新しい元気な髪の毛が生え始め、目に見えるような薄毛の改善効果がみられるまでには少なくとも6か月はかかるとされています。

 

メソセラピーなどの先端治療を組み合わせればもう少し早い改善効果がみられることもありますが、髪の発生と成長には時間がかかるために短期間の改善は難しいのです。

 

まとめ

 

AGA治療の根幹は主原因であるDHTを抑制することがまず第一歩になります。

 

専門クリニックでは治療効果を高める複数の治療法を用いて最善の策を講じてくれますが、人のヘアサイクルの関係上、薄毛の改善までには一定の期間がかかるということは覚えておかなければなりません。

 

時間がかかるからといって途中で治療を止めてしまわないようにしましょうね。

沖縄のAGA治療の病院

↑専門医療機関の無料カウンセリングをご利用ください。↑