AGA・薄毛治療は早めに始めた方が良い理由

MENU

AGA・薄毛治療は早めに始めた方が良い理由

AGAなど薄毛の治療は早めに始めた方が良いとよく言われます。

 

早期発見・早期治療は全ての病気や疾患に共通して言えることですが、命にまではかかわることのない薄毛分野でも早期の治療開始が強く推奨されているのは何故なのでしょうか。

 

この章ではAGA治療を早く始めた方が良い理由を考察していきます。

 

理由1:毛根が死んでしまうと手遅れだから

 

AGAは進行性の症状で放置すると広範囲に広がっていきますが、発症すると毛根はすぐに死んでしまうわけではなく徐々に弱体化していきます。

 

そのまま長い間放置していると、毛根はやがて治療を行っても発毛することができないくらいに弱り、治療薬の効果も得られなくなってしまいます。

 

力ができるだけ残っているうちに治療を開始した方が圧倒的に治療成績が良く、改善効果が高いことはすでに治療機関の実証データでも裏付けられています。

 

また長い間放置された毛根は完全に死んでしまい、皮膚の垢となって剥がれ落ちてしまい、こうなるともう外科的な植毛治療しか道がなくなります。

 

毛根は死んだら二度と生き返ることがないので、生きているうちに治療をしなければならないのが理由の一つです。

 

理由2:細胞分裂の回数が限られているから

 

もう一つの理由が遺伝学的な理由です。

 

人の細胞は一生のうちに細胞分裂できる回数が限られていて、毛根の細胞も例外ではありません。

 

毛根ではヘアサイクルに従って毛母細胞が細胞分裂をして髪の毛を成長させていきますが、AGAを発症すると成長期間が極端に短くなってしまいます。

 

成長期→退行期→休止期→また成長期というサイクルを繰り返すたびに分裂できる残余回数が減ってしまうわけですが、AGAを発症すると成長期が短くなる分そのサイクルの回転が早まり、早期に限界数に達してしまうためそれ以上の分裂ができなくなり髪の成長が不可能になってしまうという原理です。

 

細胞分裂の残余回数が多く残っているうちに治療を開始すれば、早期にヘアサイクルを正常化することで1サイクルの稼働期間を伸ばし、伴って細胞分裂の残余回数をそれだけ多く確保することができます。

 

まとめ

 

今回はAGAの治療を早期に始めた方が良い理由について考えてみました。

 

治療現場では確かな実証データから早期に治療を開始した方が成績が格段に良いことが経験上分かっていますからこの点は異論はないと思います。

 

遺伝子レベルでも細胞分裂の可能な回数というものに着目すると別の見方からやはり早期の治療開始が望ましいことが分かりますね。

 

皆さんも手遅れにならないうちに早めの治療を心がけましょう。

沖縄のAGA治療の病院

↑専門医療機関の無料カウンセリングをご利用ください。↑