AGA治療薬の副作用の可能性について

MENU

AGA治療薬の副作用の可能性について

病気や疾患の治療では様々な薬が使用されますが、AGAの治療においてもそれは同じです。

 

患者側としては使用する治療薬には少なからず副作用の危険が付きまとうことは承知しておく必要があります。

 

そこで今回はAGA治療に用いられる代表的な治療薬の副作用についてお伝えしていきます。

 

フィナステリド製剤の副作用

 

AGAの原因物質の生産を抑制するフィナステリド製剤はAGA治療に欠かせないものですが、以下のような副作用の可能性があります。

 

ここではフィナステリド製剤として有名なプロペシアの副作用とその頻度について、公表されている内容を記載します。

 

過敏症症状

蕁麻疹、発疹、血管浮腫(口唇、舌、咽喉、顔面など)・・頻度不明

 

生殖器
  • 睾丸痛、男性不妊症、精子濃度減少、無精子症、精子形態異常など・・頻度不明
  • 性欲減退・・1%〜5%
  • 勃起機能障害、射精障害など・・1%未満

 

肝臓

・AST上昇、ALT上昇、γGTP上昇など肝機能異常・・頻度不明

 

その他

・乳房肥大、乳房圧痛、抑うつ症状、めまいなど・・頻度不明

 

ミノキシジル製剤の副作用

 

次に、毛根を活性化するミノキシジルですが、ミノキシジルの外用薬はクリニックの独自処方となることが多いので、同じミノキシジルが主成分となる大正製薬のリアップの添付文書を確認してみると、副作用について以下の旨記載があります。

 

皮膚

頭皮の発疹発赤、かゆみ、かぶれ

 

精神神経系

頭痛、気が遠くなる、めまい

 

循環器

胸の痛み、心拍が早くなる

 

代謝系

原因不明の急激な体重増加、手足のむくみ

 

上記はいずれも頻度の記載はありませんが、ミノキシジルは元々血管を拡張する作用の強いものですから、血圧や循環器系に影響しやすいことが考えられます。

 

外用タイプであれば全身に作用するような副作用はまず心配要りませんが、ミノキシジル製剤は内服剤の形で処方されることがあります。

 

医師が十分な安全性を確認して処方すると思いますが、内服タイプは内臓の代謝を経て全身に影響を与えるため、副作用の危険は外用タイプよりも格段に高くなることは覚えておきましょう。

 

心臓や血圧など循環器系に持病がある方は最初に医師に申し出ておき、使用が許可されても経過観察は怠らないようにしましょう。

 

まとめ

 

今回は代表的なAGA治療薬の副作用についてお伝えしました。

 

フィナステリドは主に生殖器系、ミノキシジルは主に循環器系の副作用に注意が必要な薬剤です。

 

医師の指示に従って安全に使用するようにしてくださいね。

沖縄のAGA治療の病院

↑専門医療機関の無料カウンセリングをご利用ください。↑