AGAの基礎知識〜どうしてAGAになるの?〜

MENU

AGAの基礎知識〜どうしてAGAになるの?髪が抜けるの?〜

 

昔から男性を悩ませてきた薄毛は原因の種類が複数あるものの、そのほとんどが男性型脱毛症AGAです。

 

実はこのAGAは発症機序が詳しく解明されたのはごく近年に入ってからです。

 

現在では発症機序だけでなく改善のための治療薬の開発にも成功していますから治療が可能になっていますが、昔はその原因すら良く解らない部分が多かったのです。

 

この章では近年の研究の結果判明したAGAの発症機序を詳しく説明し、なぜAGAになってしまうのか解説していきます。

 

AGAの原因物質は「DHT」

 

AGAの主原因は体内の男性ホルモンの一種ジヒドロテストステロン(DHT)です。

 

この生産量が徐々に多くなってくるのは思春期以降と言われています。

 

思春期というと高校生くらいがイメージされますが、20代前半くらいまでは生産量が高まると言っても量的にはそれほどでもなく、個人差もありますが薄毛を引き起こすくらいの量のDHTはまだ生産されないことが多いです。

 

壮年期に近づくに従ってDHTが増え、その分AGAのリスクを上昇させていきます。

 

実際にはこの加齢という要因に加えて、DHTの生産を増やす補強要因の強度も関係してきます。

 

DHTを増やす要因

 

生活習慣が乱れていたり、日頃から強いストレスを受けているとDHTの生産量が多くなります。

 

またDHTには直接は影響しなくとも、頭皮の血流不足を引き起こす運動不足や頭皮環境の悪化なども、AGAによる薄毛を加速させる補強要因となります。

 

そのため薄毛の発症年齢や強度も個々人で差が出てくるのです。

 

DHTが出来るまで

 

先ほどのDHTは元から体内にあるわけではなく、男性の生殖機能などを作るためのテストステロンという男性ホルモンが変化したものです。

 

テストステロンは薄毛の原因にはならないのですが、5αリダクターゼという体内酵素の働きでDHTに変換されてしまうのです。

 

変換される理由は諸説ありますが、一説には加齢によって徐々に生産量が減っていくテストステロンの量を補うために、より活性の強いDHTに変換するようになるのでは、という説があります。

 

こうして増産が始まったDHTは毛根のヘアサイクルに関与し少しずつ薄毛を進行させていきます。

 

DHTはヘアサイクルを狂わせる

 

人の毛根はそれぞれ独立したヘアサイクルというものを持っており、髪の発生と脱毛を繰り返しています。

 

AGAを発症していない健康な毛根の場合、髪の毛を成長させる「成長期」が約5年〜7年、髪の成長が止まり自然に抜け落ちる「退行期」が数週間、次の新しい髪の毛の発生に備えて休む「休止期」が数か月続き、また成長期に入るというサイクルを繰り返します。

 

DHTが脱毛信号を発すると、ヘアサイクルのうち「成長期」の期間が縮まっていきます。

 

進行すると約1年ほどしか成長期の期間をとれず、髪は十分に育てないまま細い状態で抜け落ちてしまいます。

 

AGAは進行する症状ですので、治療をしなければ周囲にどんどん広がっていきます。

 

ヘアサイクルが乱された結果起きる不正な抜け毛も次第に増え、髪の絶対本数が減っていくことになり薄毛として視認されるようになります。

 

男性では両方の生え際や額、頭頂部といった特定の箇所、あるいはこれらの箇所で複合してAGAが発症し、その部位から次第に周囲に広がっていきます。

 

ただし、後頭部や側頭部の毛根はDHTの脱毛シグナルの影響を受けない特性があるので、この部位ではAGAが発症することはありません。

 

そのため自毛植毛治療では特に後頭部の毛根がドナーとして好んで用いられます。

 

⇒沖縄で自毛植毛をしている病院|内地で交通費タダで植毛が出来る方法

 

まとめ

 

AGAの症状が引き起こされるのは体内で発生するDHTが脱毛信号を発してヘアサイクルを乱してしまうためです。

 

DHTは主に加齢を要因として思春期以降徐々に生産量が増えていくので、対策を取らないと年を取るに従って薄毛が広がっていきます。

 

できるだけ早く対処することでAGAの進行を止めることができるので、必要に応じて医療機関で治療を受けるようにしましょう。

沖縄のAGA治療の病院

↑専門医療機関の無料カウンセリングをご利用ください。↑