AGA治療薬のジェネリックは危険?

MENU

AGA治療薬プロペシアのジェネリック医薬品は危険?|フィナステリド錠

AGAジェネリック医薬品

生活費全体の中での医療費は病気というある意味イレギュラーな事態に対する出費ですので、若い方であれば重病でない限り通常はそれほど家計を圧迫しないと思いますが、AGAの治療に関してはそうはいきません。

 

AGA治療には健康保険が効かないため全額自己負担になることと、投薬治療は途中で止めてしまうと治療効果も消えてしまい、薄毛が再び進行してしまうので治療薬を使用し続けなければならないからです。

 

治療にかかる費用はできるだけ減らしたいところですが、投薬の主軸となるプロペシアにはジェネリック品もあるのでいくらかの負担を軽減できます。

 

今回はこのAGA治療薬のジェネッリク品について危険性や効果などの面を考えてみましょう。

 

⇒沖縄のAGAクリニックのプロペシア費用はこちら

 

国内流通のジェネリック品は安全

 

プロペシアのジェネリック品としてはファイザー、トーワ、サワイなどの各製薬会社が製造するものがあります。

 

多くの薄毛治療クリニックでこれらジェネリック品の取扱いが始まっているので、価格の面で幾らかの負担を下げることが可能になっています。

 

これらジェネリック品は主成分が同じですから効果の面では同等とされています。

 

また副作用についても同じで、結局は同じ作用効果のある薬として扱われています。

 

臨床上もこれまでジェネリック品で危険が生じたという報告はないので、基本的にはどれも安心して使用することができると考えて問題ありません。

 

ただ、使用者として一つ知っておきたいのが各ジェネリック品は主成分は同じでも添加物やコーティング剤などが先発医薬品とは異なることがあるので、こうした微量な成分にアレルギーなどとして反応してしまうことが絶対に無いとは言えないということです。

 

個人輸入は止めた方が良い

 

海外でもジェネリック品が製造されていますが、中にはジェネリック品とは呼べない模倣品も出回っており、品質の面で心配があるものや健康リスクが生じる可能性があるものもあります。

 

安さの面を重視して個人輸入などでこうした海外製品を購入するケースも散見されますが、決してお薦めできません。

 

また質が悪い粗悪品だけでなく全くのニセモノも出回っています。

 

国内で安全なジェネリック品が流通していますから、クリニックを通して購入するようにしてください。

 

 

まとめ

 

国内で流通するジェネリック品については安全面では心配の要らないものです。

 

ただ製造に用いられる全ての成分が同じというわけではないので、その点だけは理解しておくようにしましょう。

 

⇒沖縄のAGAクリニックのプロペシア費用はこちら

沖縄のAGA治療の病院

↑専門医療機関の無料カウンセリングをご利用ください。↑