生活習慣によるAGA(薄毛)への影響

MENU

生活習慣がAGA・薄毛に及ぼす影響

 

AGAが医療機関で適切な治療を受けることで改善が可能になったのは大変画期的なことです。

 

一昔前まではどんな治療をしても目に見えた毛量の回復は難しかったのですから嬉しいことですよね。

 

ただ一部の症例では標準的な投薬治療を行っても、思ったような改善が見られないケースもあるようです。

 

そのようなケースでは往々にして患者さんの生活習慣が影響していることが多いことが指摘されています。

 

今回は日々の生活習慣がAGAや薄毛に及ぼす影響について見ていきます。

 

どんな生活習慣がAGAや薄毛に良くない?

 

生活習慣にも色々ありますが、AGAや薄毛予防的には主に以下のようなものが悪影響を及ぼします。

 

嗜好品の摂取

 

お酒

アルコールの過剰摂取は体内でAGAの原因物質を増やしてしまうアセトアルデヒドを発生させてしまいます。

 

喫煙習慣

血管を収縮させるタバコは習慣的に1日中吸うことで常に頭皮の血流を阻害し毛根の力を弱めます。

 

 

生活の不規則性

 

睡眠不足や不規則な睡眠習慣

本来体が休まる時間帯には髪の成長を促進する成長ホルモンが分泌されますが、睡眠時間が不足したり、夜更かしを繰り返して日々の睡眠時間が不規則になると十分な成長ホルモンの分泌ができなくなります。

 

過度なダイエット

肥満であればそれを解消するのは良いことですが、急激なダイエットや体に負担がかかるような過剰なダイエットは栄養不足につながり、毛根の発毛力まで弱ってしまいます。

 

ストレス過多

ストレスは全くないのもいけませんが、現代事情の元ではストレス過多の状態になりがちで、過緊張状態が続くことから全身の血管が収縮し、頭皮の毛細血管で血流不足が起きます。

 

これによる毛根の栄養不足が起き、緊張から頭皮の柔軟性が失われ育毛の土台となる頭皮環境が悪化します。

 

上で見たような生活習慣はAGAや薄毛の間接的な要因となったり、症状を悪化させる素因になるものですが、こうした習慣はヒトとしての総合的な生命力を低下させるものです。

 

体が不健康に傾けば自然と育毛力・発毛力も低下するのは至極当然と言えましょう。

 

 

まとめ

 

悪い生活習慣は全て体全体の抵抗力や生命力を弱めます。

 

こうした状態では治療を行ってもせっかくの薬の効能を減弱させてしまいますから、思ったような改善結果が得られなくなるということもあるわけです。

 

医師の指示通りに治療を行うのはもちろんですが、薬だけに頼らず、自分で積極的に治療に参加し、治療の効果が上がるように生活環境を整える心構えも必要ですね。

 

沖縄のAGA治療の病院

↑専門医療機関の無料カウンセリングをご利用ください。↑