タバコを吸うとAGAや薄毛、抜け毛が進行しやすくなるのか?

MENU

タバコを吸うとAGA脱毛が進行しやすくなるのか?

薄毛の中でもAGAは治療改善が難しく、早めに対処しないと症状の改善が困難になることもあります。

 

AGAの治療では特効薬が開発されており、これが良い治療効果を発揮してくれますが、現実の臨床現場では思ったような改善が見られないケースもあります。

 

そのようなケースでは生活習慣が関係している例が多いのですが、ここにはタバコも大いに関係してきます。

 

今回はAGAと喫煙習慣について考えてみます。

 

喫煙習慣がAGAの進行を早める理由

 

タバコがAGAなどの薄毛を加速させる大きな理由を以下に挙げてみましょう。

 

頭皮の毛細血管を常に血行不良状態に陥らせる

 

タバコは強力な血管収縮作用があるので、頭皮の細い毛細血管にも作用して血行不良状態に陥らせます。

 

タバコは歯周病リスクの高順位に挙げられていますが、歯肉も含めて全身の血行を阻害するからです。

 

タバコの悪いところは一過性のものではなく、その習慣性から一日中定間隔で喫煙することで常に頭皮の血流が悪い状態が続いてしまうところにあります。

 

血流が悪くなり常に栄養不足となった毛根は当然弱っていきますから、健康な髪が生えてくるのは難しくなるでしょう。

 

AGAではなくとも、タバコはそれ単体でも血行不良性の薄毛の原因になり得るものです。

 

従ってAGA治療でDHTを抑える薬を飲んでいても抜けが増えたり薄毛が進行する要因となります。

 

ストレスからDHTを増加させる

 

AGAの主原因は体内で発生するDHTですが、タバコが直接的にDHTを増産するということはありません。

 

ただし、DHTはストレスなどの要因で増えることが分かっています。

 

喫煙習慣があると、タバコが吸えない状態はストレスとなりこれがDHTを増産させてしまう結果となるのです。

 

吸えば血行不良が起き、吸わなければストレスが溜まり、どちらにしても薄毛を加速してしまう要因となってしまうのです。

 

クリニックの治療ではDHTを抑制する治療薬を使用しますが、生活習慣の面でDHTを増やすような行動をとっていると治療薬の効果が減縮されてしまい、思うような治療効果が出ないこともあるのです。

 

まとめ

 

タバコは直接的にAGAの原因物質を増やすことはありませんが、強い血管収縮作用から血流不足を起こして血行不良性の薄毛の原因となったり、AGAの薄毛を側面から進めてしまう原因となります。

 

またストレスの発生源ともなるのでAGAを間接的に加速することもあるでしょう。

 

タバコは全面的に健康に悪影響しか及ぼさないことが分かっているので、喫煙習慣はもたないこと、すでに喫煙習慣がある方はすぐに禁煙することが望まれます。

 

沖縄のAGA治療の病院

↑専門医療機関の無料カウンセリングをご利用ください。↑